景品はいくらかける?気になる金額事情は?

景品にいくらかけるかという金額事情は、
当然ながらその予算に左右されます。

そして予算というものはどこから湧いて
出てくるものではありません。風情を楽しむ

よほど特別な事情でもない限り、そのための
予算がとある方面から用意され、しかもその金額に
糸目は付けないというようなことは考えられないでしょう。

普通に考えればその予算の原資は参加者から
集められたものであるはずで、となるとそもそも
どんなイベントや集まりであるのか、参加者の
人数はどれくらいで参加費はどれくらいのもの
なのかということに左右されてくるのは当然です。貴重なタイミング

つまり、景品にいくらかけるかという金額事情を
個別に話しても一般性が全くないということです。

例えばある人は景品に10万円かけたいということも
あれば、いや2万円だということもあり、場合によっては
50万円になることもあるということで、どれが正解とか
間違いとかいうことはなく、どのケースもあり得る
ということになります。

ですが、全体の予算金額に対して、一つ一つの景品、
例えば一等にどれくらいの比率で予算を配分し、
二等はどれくらい、あるいは参加賞として
全員に用意する分の予算はどれくらいという、
比率や割合の話であればある程度は一般化して
話すことができます。

この場合、だいたい一等から三等くらいまでの
上位入賞景品に全体の半分以上、場合によっては
6割から7割程度の金額を割くのが普通だと言われています。

結構偏っているように思えるかもしれませんが、
総花的な分配にしてもインパクトのない景品に
なってしまうからです。