景品にかける金額、コスパが良いものは?

金額的に予算が限られている中での
景品選びというのは幹事にとって
かなり大変なものです。

金額の割には受けの良い、コスパのよい
景品というのはどんなものがあるでしょうか。年々変わる

景品にはいろいろなジャンルがありますので、
まずはどんなジャンルを考えるかにもよりますが、
どんなものであっても、欲しいけれども
普段はなかなか買おうとは思わない、
暮らしていく上で必須とまで言えるものではないので
購入には二の足を踏むというもの、あるいは
単純に金額の割には大きいもの、大量にあるなど
という理由で見栄えのするものが、だいたい
コスパ良好なものということになるでしょう。一瞬のうちに終わる

完全に受け狙いだけの景品であれば、
いわゆる大人買いというか、金額的にみて
子供でも買うようなものを大量に用意する
という例もありますが、それはコストパフォーマンスが
良好とはあまり言わず、普通は単にジョーク景品
と呼びます。

さて、ではコスパ良好の景品の例ですが、
家電製品であれば気にはなるけれども自分では
なかなか買うまでには至らないようなものがあります。

アロマディフューザーとかフードカッターとか、
それなりの予算があるのであればルンバなども
該当するかもしれません。

別のジャンルであれば食品はどうでしょうか。
これも、例えば高級和牛であるとか、
てっちりなどのように、普段自分ではなかなか
手が出ないようなものにすると、
値段の割にはインパクトの大きい、もらって嬉しい
景品になること間違いなしです。