景品にかかる金額を集金するには会費が必要

景品にかかる金額を集金するには
会費が必要になります。

どんな金額の景品をどれだけ用意するかに
よっても変わってきますが、景品を
どんなものにするかということと、
その会の性質、参加者の懐具合などを
よく考えて、一人当たりどれくらいの
金額を集めるのが適切かを決める必要があります。

参加費を多く支払ったのに景品が
それに見合っていない、どうみても
貧相なものだと、参加者は白けてしまいます。

場合によっては主催者に対して
不信感を持つかもしれません。

もちろん会の性質にもよりますが、
要は、参加者は自分の支払った参加費が
きちんと透明性を持って使われているのか
ということが、多かれ少なかれ
気になるということです。

だからと言って主催者は自分が持ち出しに
なってでも、それなりの金額の景品を
用意しなければならないなどと
言っているわけでは決してありません。いつ見ても

納得性のあるものにすること、
そしてその会がどういったもので、
一般的にどれくらいの会費であれば
適切かというそのバランスを
良く考える必要があるということです。

そして、景品に合計していくらのお金を
使えるかが決まったら、今度はその配分を
考える必要があります。

目玉となる特等はこれくらいの金額で、
一等はこれくらい、二等は、というように
考えていくわけです。豊かな気持ちになる

もちろん、等級が下がるほど
当たる本数をどれくらい
増やすべきかということも
同時に考える必要がある
でしょう。

それと並行して、どんな景品にするかも
考えていくわけです。