結婚式の景品にかけたい金額はどれくらい?

結婚式の二次会を開くことになった場合には
景品を用意するのが定番ですが、この時に
どのぐらいの金額の物を用意すれば良いのか
よくわからないという人もいるでしょう。

わからないまま適当に景品をそろえてしまうと、
二次会が盛り上がらなくなってしまう恐れが
ありますので、注意しておきたいところです。

なお、景品にかける金額というのは、
何点そろえるかによって変わってくるものです。みんなが集まる

景品というのは点数と金額のバランスが大事なのです。

ですから、用意する景品の数によって
適正な金額というのがあるものなのです。

例えば、結婚式の二次会の参加人数を意識して、
5点ぐらいの景品があれば問題なさそうと
思ったとします。

その場合には、40,000円から50,000円ぐらいの
金額であれば、ちょうど良いものです。かわいい形

このぐらいの金額であれば、誰もが欲しがるような
目玉となる景品をしっかりと用意することができます。

そして、それを用意しても、その他に魅力的な
アイテムをいくつもそろえられるものです。

これ以上金額が低くなってしまうと、内容に
メリハリを出すのが難しくなってきますから、
注意が必要です。どうしても金額を下げなければ
ならなくなった場合には、目玉となるものは
なるべく変えない方が良いです。

これを変えてしまうとかなり印象が変わって
しまうものです。

ですから、その他の景品のランクを少しずつ
落として、費用の調整を行うようにすると
良いと言えるでしょう。