30代が貰って嬉しい、結婚式二次会の景品選びのコツ!

二次会

結婚式の二次会では、職場の同僚やプライベートの友人などがほとんどですので、
同じような年代が集まることが比較的多いかと思います。

それが30代ともなると、既婚者から子供連れ、独身といったように男女ともに
ライフスタイルは様々です。ましてや30代ですから、そこそこ結婚式に参加して
きている年代でもありますので、二次会の景品選びは難しくセンスも問われるでしょう。

まずは、何と言っても目玉商品を用意することです。特に旅行券やテーマパークの
ペアチケット、高級食材のカタログギフトなどは喜ばれます。

もちろん二次会の予算の問題もありますが、ある程度高額な商品がなければ
最初から盛り下がってしまう可能性もありますので、出来ればこういった商品を
一つか二つ用意しておくといいでしょう。

また、基本的に荷物になるような家電や家具など大きな商品はNGです。
結婚式の披露宴から参加しているメンバーは、引き出物に加えて持ち帰ることに
なるので、出来るだけコンパクトなものにしましょう。

例えば、クオカードやビール券、お米券などの商品券全般はどんなライフスタイルの人にも
使用価値があるので喜ばれます。

商品券

ただし、金券ばかりだと見栄えがしないので、目録に入れて渡したり包装を豪華にする
工夫などもしてみてください。

その他にも、コスメや香水、アロマグッズ、お風呂グッズなどは女性に喜ばれます。
もし男性に当たってしまっても、奥さんや彼女にプレゼント出来るので価値はあります。

そして結婚式の二次会でありがちなのが、参加人数に対して景品が少ない場合、
「どうせ当たらない」とはじめから盛り下がってしまう可能性があることです。

参加人数が多めであれば、全員にちょっとした参加賞を用意したり、景品が少なくても
チーム戦にしてみたりと、決められた予算の中でみんながが楽しめるような
工夫をするのも大切なことです。

結婚式の景品にかけたい金額はどれくらい?

結婚式の二次会を開くことになった場合には
景品を用意するのが定番ですが、この時に
どのぐらいの金額の物を用意すれば良いのか
よくわからないという人もいるでしょう。

わからないまま適当に景品をそろえてしまうと、
二次会が盛り上がらなくなってしまう恐れが
ありますので、注意しておきたいところです。

なお、景品にかける金額というのは、
何点そろえるかによって変わってくるものです。

お祝い

景品というのは点数と金額のバランスが大事なのです。

ですから、用意する景品の数によって
適正な金額というのがあるものなのです。

例えば、結婚式の二次会の参加人数を意識して、
5点ぐらいの景品があれば問題なさそうと
思ったとします。

その場合には、40,000円から50,000円ぐらいの
金額であれば、ちょうど良いものです。

プレゼント

このぐらいの金額であれば、誰もが欲しがるような
目玉となる景品をしっかりと用意することができます。

そして、それを用意しても、その他に魅力的な
アイテムをいくつもそろえられるものです。

これ以上金額が低くなってしまうと、内容に
メリハリを出すのが難しくなってきますから、
注意が必要です。どうしても金額を下げなければ
ならなくなった場合には、目玉となるものは
なるべく変えない方が良いです。

これを変えてしまうとかなり印象が変わって
しまうものです。

ですから、その他の景品のランクを少しずつ
落として、費用の調整を行うようにすると
良いと言えるでしょう。